• 093 8289 645(日本語専用)
    (028) 5417 0291(日本語/ベトナム語)
  • bigsky20@ozorahcmc.com

私たちが大切にしていきたいこと

遊びからの学びを大切に「子どもの生活」が中心(行事が中心ではありません)子どもの生活は遊びが中心です。子どもたちの遊びが豊かになるような自然豊かな環境を設定しています。遊びの中でコミュニケーション能力をはじめ「生きるために必要な力」を学んでいきます。自ら環境に働きかけ、興味関心を持って自分を取り巻く周りの世界を広げていく自由な時間と、集団の中で、課題を共有したり、方法を互いに教え合ったりするクラスでの活動の時間を取り混ぜて計画を立てています。

「感謝」の気持ちを
育てていく

手作りのものを大切に自然の中にあるものに生かされる感謝。

日本人としてのアイデンティティ日本文化を知る

きれいな日本語を使う。気持ちのいい挨拶。コミュニケーションの基本。「おはよう」「さようなら」「ありがとう」「ごめんなさい」の基本的挨拶を自ら相手を見て言えるように一人一人に声をかけます。

他者と一緒にいることに
「喜ぶ」「思う」

日本文科省「幼稚園教育要領」に基づく保育。

親も子どもといっしょに育つ

教育の場は常に社会と触れ合っていることが大切だと考えています。ベトナムという国で生活することそのものが私たちにとっては学びです。子どもも大人も一緒に本物の価値ある文化に触れ、育ち合っていきましょう。毎学期、クラス懇談・保育参加の機会を設けています。クラス全体の成長の様子を聞いたり、いろいろな子ども達と一緒に遊びながら、我が子を客観的に観察するよい機会にしていただきたいと思います。

幼稚園では保護者のためのplay dayを設けます。子どもたちと一緒に遊ぶ中で「子ども理解」を深めていただけたらと願います。合わせて日頃なかなかお仕事で幼稚園にお越しになれないお父様方にも幼稚園で一緒に遊ぶ機会を設けるよう工夫をしてまいります。

おいしい給食

安心して美味しいものを食べる。味覚を育てる。

オーガニックの素材使用を心がける。

 

~幼稚園の給食を通して身につけたいこと~

・食べ物を大事にする心。

・栄養バランスよく食べる。

・「いただきます」「ごちそうさま」の挨拶を含め食事のマナーを知り、守る。

・こころとからだの健康のために食事は必要な事を知る

・日本の季節の料理を知り、日本の文化を学ぶ。

・ベトナムの産物に興味関心を持つ。

・自分たちで育てたものを収穫する喜びを味わう。

 

成長期の子どもに対する食育は、子どもたちが一生涯にわたって健やかに生きていくことができるよう、その基礎をつくるために行われるものです。 子どもの頃に身に付いた食習慣を大人になってから改めることはとても困難です。 生活習慣病の予防は子どもの頃の食生活から。幸せで楽しい食卓を囲むことで、子どもの未来を元気にしていきましょう!

感性を豊かに

プロ野球コーチ来園、サッカーコーチ指導など、音楽、芸術、スポーツなど価値ある物に触れる機会を作り、子どもたちの感性を高めていきます。